私の乗ってきた車の歴史

車の免許を取った18歳から20代は、カッコ良くて速い車に憧れて、金は無くてもスカイラインやRX-7等を中古で手に入れて、走りまくっていた。
それが30代になり結婚して子供が出来ると、カッコいい(速い)車は必要無いと言われ、泣く泣く手放して今度は沢山人が乗れるワゴン車のノアに乗り換える事に。

それでも実際にワゴン車に乗り出すと荷物も人も沢山積めるし、家族旅行などでは大活躍してくれた。
ただ私は車通勤だったので、ワゴン車は燃費が悪く勿体無いということで、軽自動車(タント)を購入して通勤に使うようになった。

体が大きい私にとって軽自動車は殆ど乗ることが無かったが、実際にディーラーで試乗してみて、車内の広さにビックリしてしまった。
もちろんワゴン車に比べたら狭いが、一人で乗る分には大柄な成人男性の私でも十分なスペースだった。

このタントには、現在も通勤でお世話になっている。
でも子供がもう少し成長してまた自分のために車を選べるようになったら、手に入れたい車がある。

ドイツ車のBMWである。
昔から淡い憧れはあったのだが、つい最近同僚がBMWを購入して職場に乗り付けてきて中を見せてもらったら、憧れが現実的な夢になった。
参考:新車を買うなら下取りも同時に

いつか私もBMWに乗って仕事に行こう!
[PR]

by tiiqesoiwosiirive | 2014-06-10 20:34