オペルのオメガについて

日増しにユーザー層拡大するオペル車です。

新車の手頃な価格に比べて中古車の割安感はまだないようですね。

オメガの3024Vは93年から市場に投入されたモデルになります。
大きな不調や故障の例はあまり出ていませんが、ただ並みのスポーツカー顔負けともいえるハードな足回りは当然スポーツ走行を意識してもなぁっと思います。

前のオーナーの使い方で程度がかなり左右されるはずですので、多走行車のダンパーのヘタリやタイヤのチェックは入念にする必要があります。また改造の有無にも気をつけたいところです。

ヤナセ直営店から購入した認定中古車なら、そういった心配はかなり減少しますが、専業店で買うよりは200000円から300000円高くなりますが、安心料としてその分煮込んだ方が無難かもしれません。

ヨーロッパではトップブランドのオペルも日本国内では長い目間日の目を見なかったところがあります。ヤナセが扱いだし~しわを拡大していきました。知名度が急速に上昇しています。

95年の10月には月間販売登録台数で輸入車ナンバーワンを記録しました。
さらに上昇金を高めつつあるところですね。小型の主力車種が価格的に手頃な事とバリエーションが豊富になっていることなどがオペルユーザーを増加させていると考えて間違いないところです。

車自体の魅力はどのシリーズも実用性が重視されていて、日本の使用ではきめ細やかな作りがほとんど施されている点やアフターサービスが充実していることなどが言えるでしょう。

また新車の価格も下げられていて買いやすさは、よくなっています。予算が許すのであれば新車を買った方が良いこともあるでしょう。

新車が売れ始めてまだ2年から3年で中古車市場への流入はこれからというところがありますね流通量はそれほど多くないというよりも、オートオークションを経由する流通が多く、直営拠点で販売されている方が多いのです。
[PR]

by tiiqesoiwosiirive | 2013-08-18 21:51